赤外線サーモグラフィサーモグラフィー)カメラのレンタルはサーモグラフィ株式会社におまかせください。

サーモグラフィ(サーモグラフィー)の生体計測
サーモグラフィ(サーモグラフィー)の生体計測
サーモグラフィ(サーモグラフィー)を使っての人体計測における注意点と1事例です。
医療における検査では以下のような環境が必須です。
ただ、事例のような環境での計測が難しい場合は、測定前の注意を守り、なるべく人体に外的影響の少ない環境下で計測してください。
人体表面温度に影響を及ぼす因子
人体表面温度に影響を及ぼす因子
測定環境の条件
1. 室内温度は、末梢系・上肢・下肢等の測定で26℃±1℃。全身の測定で29℃±1℃。(生体と環境温が平衡となる中立温度の確保)
2. 太陽光を遮断する目的により窓を設置しない。人工照明は、蛍光灯以外の光源を除く。(光源による加熱を防ぐ)
3. 室内は空調を整えなければならないが、測定時には無風状態、または被検者に風が当たらないように注意する。
4. 室内の環境条件下で15〜20分間測定部位を露出させ、室温に馴化時間が必要がある。しかし、冬期の場合には馴化時間を長くとる必要がある。
測定前の注意
1. 測定前4時間は禁煙。
2. 食事直後はさける。
3. 時計、指輪等アクセサリーをはずす。
4. 測定部位の化粧などをしない。(ハンドクリーム、マニキュア含む)
5. カイロ、湿布などは測定当日はできうる限り休止し、汗、服薬については明記する。
6. 測定前に発汗を伴うような運動はしない。
たばこによる温度変化
実験内容
一人は喫煙常習者、一人は非喫煙者の被験者の2人を計測。
まずは、負荷前の状態を撮影をする。
非喫煙者、喫煙常習者と共にタバコを与え、抹消部位の復温過程を追う。
負荷直後から負荷後1分ごとに、負荷前・負荷直後・1分後・2分後・3分後・4分後・5分後・6分後の計8回の計測を行った。
サーモグラフィ(サーモグラフィー)データ01
サーモグラフィ(サーモグラフィー)データ02
サーモグラフィ(サーモグラフィー)データ03
サーモグラフィ(サーモグラフィー)データ04
非喫煙者は、四分経過後あたりから負荷前の温度に復温したが、喫煙常習者の場合は六分経過後も負荷前の温度に復温度しなかった。

サーモグラフィ(サーモグラフィー)のレンタルは
こちらからお申し込みください。

サーモ レンタル/サーモグラフィ株式会社
サーモグラフィの直営ショップ、サーモショップ開店。只今スペシャルセール開催中
メニュー
サーモグラフィ(サーモグラフィー)レンタル
赤外線サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラのレンタル
サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラのレンタル価格表
サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラのオプション
赤外線カメラのレンタルの流れ
特殊サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラのレンタル
赤外線サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラのレンタルに関するお問い合わせ
サーモグラフィ(サーモグラフィー)の事例・実績
サーモグラフィ(サーモグラフィー)(サーモカメラ)のレンタル事例
サーモグラフィ(サーモグラフィー)(サーモカメラ)のレンタル実績
サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラの選び方
TV・CM・PVなど、映像制作向けのサーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラの選び方
サーモグラフィ(サーモグラフィー)のよくあるご質問
サーモグラフィ(サーモグラフィー)レンタルのQ&A
サーモグラフィ(サーモグラフィー)の知識
赤外線サーモグラフィ(サーモグラフィー)とは?
サーモグラフィの会社案内
サーモカメラのレンタル会社、サーモグラフィの会社概要
サーモカメラのレンタル会社、サーモグラフィの個人情報の取り扱いについて
サーモグラフィ(サーモグラフィー)その他ページ
サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラで撮影した画像集
サイトマップ
サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラの販売
サーモグラフィの計測・調査・診断
赤外線サーモグラフィ(サーモグラフィー)カメラに関するお問い合わせ
赤外線サーモグラフィ(サーモグラフィー)のレンタル/光通商
サーモグラフィ株式会社はチーム・マイナス6%に参加し地球温暖化防止活動に取り組んでいます。
Copyright (c) 2017 Thermography Corporation. All Rights Reserved.
サーモグラフィカメラのラインナップ(一例)